So-net無料ブログ作成

バカリズムが「嫌いな女」ネタ 

スポンサードリンク


30日放送の「土曜プレミアム『ENGEIグランドスラム』」(フジテレビ系)で、お笑い芸人のバカリズムが、女子会で盛り上がる女性を演じてみせ、番組が騒然となる一幕があった。
バカリズム.jpeg

同番組は、さまざまな番組で活躍する人気の芸人たちが登場し、漫才、コント、ピン芸、リズム芸など、ジャンルを問わずネタを披露していくお笑い番組だ。

初回放送となったこの日は、お笑い界の賞レースを賑わせてきた19組の実力派芸人が出演した。

「ナンバー1の天才 孤高の天才」と紹介されたバカリズムは、カフェで女子会を開く女子を演じてみせた。

「あーあ、女子力高くなりたいー。

ああ、高くなりたいな。

女子力。

ああ、なりたい」と話し始めると「とかいって、こんなすっぴんで出歩いてる時点でダメだよねー。

え? すっぴんだよ。

うん? すっぴん。
スポンサードリンク

全然そんなことないよー。

モテないよー。

女子力低いもん」と発し、女性たちが友達と交わしてるであろう会話を再現した。

だが、バカリズムは常に顔をゆがませ、わざとらしい女っぽい口調で話すなど、そこには悪意がたっぷり

のようにみえる「ほら、わたし中身が男じゃん?」「ほら、私恋と仕事だったら、仕事を選んじゃう人じ

ゃん?」などと"いかにも"な女子を演じ続けた。

「お互い干渉し過ぎない関係性が理想だよね」「婚活しなきゃ」と恋愛の話をしたかと思うと、「フェス

行きたい」「おいしそうなパンケーキ!」「トイ・プードルかわいい」と気まぐれな発言を挟み、自撮り

ポーズを何度も決めてみせる。

最後は、恋愛話に盛り上がる女性ふたりと、カフェの店員の女性、店に来た女性客、トイ・プードルの飼

い主の女性、トイ・プードルを一人で演じるという怒濤(どとう)の展開となり、スタジオは爆笑の渦に。

番組の司会進行を努めたナインティナインの矢部浩之は「今日、一番たぶんストレス発散できた芸人でしょうね」とコメントした。

相方の岡村隆史も呆気にとられた表情で「新しいバカリズムが見えましたですね」と感想を述べた。

矢部浩之は、バカリズムのネタについて「嫌いなタイプの女をまとめたんでしょう」と説明し、「(バカ

リズムは)今日は(気分がすっきりして)めっちゃ寝られると思う」と想像していた。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
おじさんの言いたい日記

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。